【過去ツイ】2015年楽曲選を振り返る

Twitterで過去につぶやいていた個人的年間楽曲セレクションの過去分を、はてなブログに再掲する形でこの2020年に振り返っていくコーナー2回目。
今回は2015年、社会人1年目で楽曲を追えなくなったなどと言っている割には大晦日にランキングを上げているあたりまだ意識が高かった頃。
きっかり10曲のエントリーである。
なお、これは当時覚知出来ていたその年の楽曲について取り上げているので、当然後年になってからこの年の曲を発掘して好きになる曲もたくさんあるという点は予め申し上げておきたい。

#2015年楽曲個人的ベスト10

からっぽカプセル内田真礼

youtu.be
アニメで分かる心療内科、もちろんわたしは完走している(超珍しい)
ちなみにこの曲ライブでやってくれるとめちゃくちゃ楽しいのに、大概他の曲の方が有名になってしまったせいで干される。

⑨Red Alert Carpet/黒崎真音

youtu.be
今振り返るとこの年のノンタイ枠、シングルのカップリング曲だった。
しかしノンタイ楽曲が公式YouTubeにフルバージョンでアップされる時代になったんだなぁ。

precious timefripSide

youtu.be
Precious Time」といえばSPEEDの曲なんだけどなぁというのはさておき、前奏にすべての高まりが詰め込まれている珠玉の八木沼節。
この頃はまだゲーソン業界にもfripSideがいてくれてたんだけどなぁ。
ちなみに南條愛乃さんのソロ名義にも「Precious time」というrino楽曲があり紛らわしいことこの上ないが全く別の曲である。

⑦NEO SIGNALIFE/ゆいかおり

youtu.be
ゆいかおり最後の高まり楽曲。
というか↑のサムネイルのキャリさんはなんやねん、そらこんなことしてたら活動休止するわ(?)
ここから紹介する楽曲に共通するのは「サビの入りが高まる」こと。

FLYING FAFNIRTRUSTRICK

youtu.be
TRUSTRICKといえば松田聖子の娘さんである神田沙也加のユニットだったが、正直この曲の一発屋という印象が強い。
実際、2016年には活動休止して、昨年(2019年)正式に解散している。
しかも何が悲しいってこのユニット基本的に相方のギタリストが曲を作ってたのに、ヲタクが高まったこの曲だけは神田沙也加の作曲なのだ。
「神田沙也加、シンガソングライターならもっと売れた説」は提唱していきたい。

Philosophy of Dear WorldZAQ

youtu.be
安定のZAQ姉さんで高まりをくれる。大サビ転調が低い方向に行くのが良い。
実は結構歌詞も好きで、もし万が一私が結婚式を開くようなことがあれば流したい曲、現時点でのナンバーワンだったりする。

④Trancing Pulse/Triad Primus

youtu.be
ここを見ている方にはアイマスPも大勢いらっしゃると思うので多くは語りませんが、アゲアゲ上松節全開でぼくも好きです。

黄昏のスタアライト南條愛乃

youtu.be
作曲はエレガの藤間さんだが、使っている音はどう考えてもfripSideを意識しているとしか思えない。
でもfripSideにしてはメロが動きすぎているし、必ずあるはずの大サビ転調も無いのでそこは藤間節である。
エレガもfripも好きだから結局高まっちゃうんだよね。

②シンギュラリティ/いとうかなこ

youtu.be
千代丸のゲームの主題歌のときの当たり率は異常。
もうなんというか流れが気持ち良いので「ここが」というのを言語化出来ないのだけど、未だに彼の作曲は素晴らしい。

アネモネClariS

youtu.be
どうして!ClariSの曲で1番高まるのに!!みんな知らないんですか!?!?(キレ気味)
タイアップのせいですか!!!!丸戸なのに!!!!!(ブチギレ)



以上(最後までブチギレ)

【過去ツイ】2014年楽曲選を振り返る

Twitterで過去につぶやいていた個人的年間楽曲セレクションの過去分を、はてなブログに再掲する形でこの2020年に振り返っていく。
この年は3つの項目にとっ散らかっているので紹介曲数が他の年に比べて多くなる。

#ぼくがかんがえたさいきょうのアニソンTOP10_2014

こちらは当時ハッシュタグで話題になっていたもので、「アニソン」なので当然アニメタイアップのみ。
ランキング形式だったので当時の下位から載せていく。

⑩Cherish/Sweet ARMS

youtu.be
実は当時からライブにも行っているSweet ARMS
早く復活して曲出してくれと言っていたら、去年デート・ア・ライブの3期で復活して、今年も10月に新曲の音源が出るみたい。
細くても良いので(興行的には良くないだろうけど)末永く続いてほしいユニットである。

⑨光るなら/Goose house

youtu.be
これは文句なしだろう、と当時から言っていた気がする。
おそらくこの年のセレクションの中では最も万人受けする楽曲だろう。
いまはGoose houseとしてはバラバラになっているようだが、それぞれが音楽を続けているとのこと。

⑧タチアガレ!/Wake Up, Girls!

youtu.be
あれ6年しか経ってないんだっけ?と思ったけれど、タイアップだった劇場版とアニメは2014年1月スタート。
もう解散から1年以上経ったけど、笑顔!田中!秀和!!を始めとしたMONACAのコンポーザー陣が作り上げた名曲たちは色褪せない。

⑦BEAUTIFUL≒SENTENCE/メイガス・トゥー

youtu.be
唯一生でこの曲を聴けるチャンスだったアニメJAM(幕張メッセ)に行こうとして南越谷から南船橋行きに乗ったところ、気づいたら再び南越谷に着いたため無事聴くことが出来なかったとき以来、今の今まで回収できていないし恐らく今後も回収できない。

⑥リトル・チャレンジャー/I-1 club

youtu.be
紹介曲数が多い代わりに作品被りも多いこの年。
キャラソンを除けばWUGシリーズの中では1番好きな曲。
残念ながらI-1 clubの歌唱を生で見ることは叶わなかったが、WUGちゃん歌唱のリトル・チャレンジャーは後にツアーの福岡で回収している。

⑤Reach for Light/藏合紗恵子

youtu.be
言ったそばから作品被り。
というか藏合紗恵子さんみんな知ってる…よね…???

④精霊剣舞祭/にーそっくすす

youtu.be
曲名の読みは「ブレイドダンス」
2014年最強ユニットにーそっくすすとは、木戸衣吹・優木かな・石上静香大西沙織加隈亜衣の5人からなる。
はずなのだが、2016年にこちらも今ではいにしえの声優ユニットとなったevery♥ing!の1stワンマンライブツアーにおいて山崎エリイがこの曲をソロで歌唱し、全私に多大な衝撃を与えたためユニットの定義が揺らいでしまった。

Van!shment Th!s World/Black Raison d'être

youtu.be
ZAQは天才だからね。
というのはさておき、当時からこの曲のサビのメロ(サビだけである)に強いC.G mixみを感じるのだが、共感できる方はいるだろうか…
ちなみに「PunIshment thIs worLd-VOICE-Episode.Φ」という歌詞違いのセルフカバーもある

②Won(*3*)Chu KissMe/SAKURA*TRICK

youtu.be
アニメサイズのいきなり床ドン(?)から始まる勢いがとても好きなのだが、フルサイズももちろん好き。
youtu.be
そしてキャラソンアルバムに入っているAlbum Remixが全く原曲と違うアレンジなのだがこれも好き。

①祝祭のエレメンタリア/にーそっくすす

youtu.be
にーそっくすすは覇権声優ユニットだからね。
ちなみに精霊剣舞祭のところで前述したevery♥ing!の1stワンマンライブツアーにおいて木戸衣吹がこの曲をソロで歌唱している。
そのため私の中ではにーそっくすす=every♥ing!なのである。


現地にいたヲタクのみが証人のため、今後も伝説として語り継いでいく必要性を切に感じている。

#ノンタイアルバム楽曲ランキングTOP10_2014

こちらは私が勝手にやったランキング。
みんな大好き(?)だけどなかなか見つかる機会のないアルバムだけに入っている楽曲たち。
なかなか紹介できる音源が見つからないのもポイントである。

サイケデリック純情/上坂すみれ

上坂すみれの1stアルバムに収録。
なんと紹介できる音源が見つからなかったのだが、その曲名の通りサイケである。

⑨混線と対話/Annabel

youtu.be
昔はanNinaとしても活動していたAnnabelの2ndアルバムのリード曲。リード曲だと公式にMVがアップされていることが多くて大変ありがたい。
情緒不安定になりそうなメロと繊細だけども芯のある歌声がとてもよくマッチした名曲。

⑧僕らの未来/水樹奈々

まさかの音源なしだが、そもそも聴いている人は多いだろう。
作曲は水樹奈々を初期からプロデュースしている矢吹俊郎
2014年当時も既に貴重になっていた矢吹俊郎楽曲であったが、結局その後矢吹氏楽曲は生まれず、おそらく2020年9月現在で最後の矢吹俊郎楽曲である(作詞提供はその後も数曲ある)。

⑦ONE WAY/内田彩

www.bilibili.com
うちだーやさんはもっとかっこいい曲を歌うべきなんですよね。

⑥キセキ/田所あずさ

www.nicovideo.jp
この曲ずっとノンタイだと思ってたけど3DSのゲームの主題歌だったんだね…今知ったよ。しかも作品は2013年だし。
そしてこの年のセレクション唯一の俊龍楽曲ということで許してほしい。

⑤ない/ZAQ

検索しても「ささみさん@がんばらない」しか出てこないが、この曲は作品とは全く関係がない。そして動画もない。
相川七瀬を彷彿させるという意見を聞いてなるほどそりゃ好きなわけだと思った。

④ICE NINE/麻生夏子

歌手としての麻生夏子は最後だったこの年。最後のアルバムの10曲目に入っている。
キラキラしたアレンジだが内容は別れの曲。
ちなみに今でもラジオパーソナリティとしての麻生夏子bayfmで聴くことができる。

③コイノミ/ClariS

ClariSが「クラリス」たる所以だったオリメンのアリスのラストアルバムにして、ClariSの最高傑作「PARTY TIME」の6曲目。
例によって紹介できる音源がないので、簡単に曲調を申し上げると80年代アイドル、具体的に言うとWinkの曲って感じでとっても良い。

②Trying! Trying!/黒崎真音

youtu.be
これをノンタイというのも微妙であるが、主題歌でも挿入歌でもないのでまあ良いのでは。
REINCARNATIONは全曲I'veという究極の1枚であるが故に、この曲単体はあまり目立たないが私はこれが好き。

①Ma Cherie/petit milady

youtu.be
1stアルバムリード曲。まさにブチギレディ(めちゃくちゃ褒めてる)
というか、プチミレさんいつの間にか活動終わってたんだね…いや公式サイト消えてるし…

2014年さいつよ楽曲

当時3つの候補があったのだが、「祝祭のエレメンタリア」と、そしてClariSのアルバム「PARTY TIME」は既に紹介してしまったので残りの1曲をさいつよ楽曲として掲載しておく。

サブリミナル・アジェンダ/柚子乃

youtu.be
HARD STUFF、すなわちI'veの高瀬一矢中沢伴行がタッグで作った「さいつよ」の曲。
I've15周年から柚子乃の卒業ライブまで、たくさん聴けて良かったなぁ。
もちろん今でもNAMIちゃんのDJプレイにブチ上がる曲としてしばしば登場する。

水樹奈々「DAYBREAKERS」の前奏が高まる話

水樹奈々さんの昨年末に出たアルバムの中に、DAYBREAKERSという曲がある。
年明けにアルバムを一通り聴いたのだが、この曲が最近の水樹奈々楽曲の中ではトップに入る程度に高まるので私は好きである。
ここ10年の彼女の楽曲の中で私が1番好きなのが「synchrogazer」であるということはあまり知られていないと思うが、音の組み込み方がそれに近い系統を感じてとても良い。
(でもDAYBREAKERSの作編曲はエレガじゃないんだよな)


www.youtube.com


先日公式のYoutubeチャンネルにアップされたこの動画、
ボーカルがちゃんと新録されていて素晴らしいのだが、今回の話の本筋はそこではない。
とりあえず前奏(この動画で30秒くらい)まで聴いてくれれば充分である。



この曲、「ファイナルギア-重装戦姫-」という中華ソシャゲーの主題歌になるということは昨年末のアルバムリリース時にはすでに決まっていた。
中華ソシャゲといっても、運営はbilibiliなのでゲームとしてもまあまあなものにはなるとは思うが、やはりこれも話の本筋ではない。

さて、このゲームの日本版のリリースは今秋予定とのことで、最近大掛かりな宣伝が始まっている。


ここ数日プロモーションツイートでも頻繁に流れてくるので、目にしている人もいるかもしれない。

で、このツイートが案内するリンクを飛んで改めてDAYBREAKERSを聴いてみよう。

www.youtube.com


動画が始まるとまず初めにこの楽曲のクレジットが飛び込んでくるため、
ゲーム制作側の主題歌となるこの楽曲へのこだわりや、まず楽曲のコンポーザー・編曲者をチェックする我々のようなヲタクに媚びようとする姿勢をとても感じる。

そしてそのクレジットが消えた途端、楽曲に異変が発生する。


なんとこの曲の最も高まる前奏の部分を省略してゲームのロゴタイトルを表示するのだ。

こんなことがあっていいのか。



昔、美少女ゲーム業界では、ゲームを売るために主題歌や挿入歌を著名な作曲家グループに依頼し、その楽曲を収録したCDをゲームに付属させることで楽曲派ヲタクにゲームを買わせる、という手法が数多く見られ、これによって生まれた名曲が数知れぬほどある。

このことから今回の事例も、高まる楽曲を気合を入れて作らせて、ヲタクを曲で惹きつけてからゲームに飛ばそう、という魂胆を持っているのかなと感じたわけである。

ところがどっこい今回出てきたPVではあろうことか前奏を省略するという暴挙に出た。

しかもPVがこの仕様で来るということは、当然ゲーム内でも前奏の一番聴きたい部分が流れる可能性はほぼ無い。
百歩譲って制限時間のあるアニメ・アニメのオープニングサイズならわかるのだが、このPVは4分09秒もある。
というかなんなら省略した前奏以外はフル収録なのだ。


いやもうふざけているとしか思えない。
私は激怒した。はてなブログをこうして五百万年ぶりに執筆する衝動に駆られる程度にはブチギレている。


一番かわいそうなのは、上で紹介したゲーム公式PVの紹介ツイートから動画に飛んで初めてこの曲を聴く人である。
最も肝心で最もテンションの高まる部分だけ省略された楽曲を聴かされる羽目になるのだ。
だから初めてこの曲の正しい前奏を聴いた瞬間の感動、高まりを感じることが出来ない。
あまりにかわいそうすぎる。


最も肝心で最もテンションの高まる部分だけ省略するってどういうことなんだよ見たことねぇわ。

曲を聴いてほしい楽曲さんサイドも、高まる楽曲に出会いたいユーザーさんサイドも損をする、いわばlose-loseの関係だろこれ。


まあだからといってゲームの運営にPVの音源を変えろというのも難しいだろうから、
私がとにかく申し上げたいのは、
この曲はちゃんと前奏が正しく入っている音源を聴いてくれ。

それが私の願いである。

はてなダイアリー記事更新停止記念

ランドセルを背負っていた小6から、毎日電車で爆睡していた高校時代~大学1年まで、
はてなダイアリーを更新していましたが、気づけば最後の記事も8年前。

本当は昨日、はてなダイアリーで最後に更新をしたかったのですが、
気がついたら日付が変わってました。

謎のはてなダイアリークラブはてな鉄道ファン同盟)を作ったところから、
今も続く交友関係と趣味が生まれたように思います。
いわばネットでの出生地とも言うべき故郷でした。
思い入れは強いので、ドメインhatenadiary.comにしました。

あの頃から生活や環境は大きく変わっていますが、
こことtwitterのアカウント名だけは変わらずにここまで来ています。

わたしのしょうもないはてなダイアリーをご覧いただいていた方も、
そうでない方も、引き続き今後ともよろしくお願いいたします。


結局何が言いたかったかと言うと、
はてなダイアリーのデータ、ここにインポートしました。